<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


にほんブログ村

バナナ酵母の黒糖食パン

仕込み6日目にして、バナナ酵母が完成しました!!
バナナには糖分が少ないようなので、ふたを開けるたびにお砂糖を加え
かびないようによく振りました。
c0215224_654243.jpg

焼きあがるまで心配でオーブンを何度ものぞきましたが、
ちゃんとフワフワのパンに仕上がり、感激です016.gif
完熟してもうソロソロ無理?そうだったバナナでしたが、むしろよかったのかな??
上には黒糖ピーナツを乗せてカリカリ感出してます!!
c0215224_6594997.jpg

[PR]

by petit-chambre | 2010-02-28 07:01 | 自家製酵母パン | Comments(4)


にほんブログ村

自家製酵母のレーズンスティックパン

全粒粉の酵母を使ってレーズンスティックパンを焼きました。
c0215224_20574016.jpg

スーパーで適当に買ってきた粉を使ったところ、
やっぱり食感や味わいが違う・・・
なので急いで「cuoca」にオーダーしました。

ネットで注文すると配送料が高いお店が多いのですが、
「cuoca」の送料は全国一律料金なので、とても買い物しやすいです!
(送料は購入価格によって違います!)
『富沢商店』もよく利用しています。

沖縄には製菓材料の専門店が少なく、私の知っている限り純生クリームを扱っているのは
那覇の『りぼん』と宜野湾の『菓子工房MASHIKI』のみ。
那覇や宜野湾のお店まで行く時間がない方は、ネットでオーダーするのがよさそうです!!

「りぼん」
沖縄県那覇市泊1-12-5
TEL:098-863-8053
定休日:日曜日

「菓子工房MASHIKI」沖縄県宜野湾市真志喜3-2-9
TEL:098-898-3022    
定休日:土曜日、日祝祭日
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-26 21:32 | 自家製酵母パン | Comments(0)


にほんブログ村

読谷の焼き菓子屋『楚辺喫茶研究室-ソベラボ-』

追記→2011年12月に閉店

ダンナ氏が「面白いお店見つけたよ!」と教えてくれたのは、
読谷で女性のオーナーさんが一人でやっていらっしゃる
焼き菓子カフェ『楚辺喫茶研究室-ソベラボ-』。
「CAFE+MORE オウチ。」まで出かけた際、立ち寄ってみました。

ちょっと古めの集合住宅の一室にお店はありました。
c0215224_748457.jpg

店内に一歩入ると、木のショーケースに入ったかわいらしいお菓子が出迎えてくれます。
c0215224_0181170.jpg

お菓子作り大好きな私にとって、こういうお店ちょっと憧れます。

オーナーさんのブログを拝見したところ、
焼き菓子だけでなくセンスのよいケーキがたくさん載っていました。
私がいただいたのは
◆リンゴのタルト
◆角切りのチョコ入りガトーショコラ
◆いちじく入りしっとりクッキー
◆サブレ
c0215224_7493471.jpg

c0215224_0221635.jpg

どれも素朴な感じだけど、毎日でも食べれそうなほど美味しかったぁ。
焼き菓子ってあまり華やかさはないけれど、味わいがあって私は大好きです!
そんな味わい深い焼き菓子とチャイで、まったりできるお店です!!

『楚辺喫茶研究室-ソベラボ-』
沖縄県中頭郡読谷村字楚辺1058 T-18号室
el098-956-6451

お菓子★★★★
価格★★★★
雰囲気★★★
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-26 00:34 | 中部:パティスリー&パン | Comments(0)


にほんブログ村

宜野湾の『CAFE+MORE オウチ』

2012年6月追記→閉店されたようです。

わが家の休日のお楽しみ、カフェめぐり。
最近は、気になるカフェが多い中部まで足をのばしています。

そして見つけたすてきなお店。
宜野湾市の住宅街の中にひっそりと佇む「CAFE+MORE オウチ。」です060.gif
c0215224_22585836.jpg

外人住宅(昔アメリカ人が住んでいた家)が改装されてお店になっています。
(最近の沖縄はこのスタイルのカフェが多いみたい。)
小さな部屋がいくつかあり、各個室にはちゃぶ台やソファもあったりして
本当のおうちみたい。小さいお子さん連れの女性もたくさんいらしてました。

まず看板がとってもキュート!
c0215224_230472.jpg

そして食器も木のカトラリーもステキ!!
c0215224_231366.jpg

しかし、なんと言ってもお料理が最高!!!
この日私たちがいただいたのは、和牛の赤ワイン煮込み
そして、サーモンハンバーグのタンカンソースがけでした。
(メニューは日替わりで変わるそうです。)
c0215224_2333094.jpg

どれもボリュームたっぷりで、一人では食べきれないほどの量でしたが、
スープやメイン、何を食べてもバランスがよくて美味しかったぁ016.gif
人気なのがわかるなぁ。。。

押入れもこんなお洒落な空間になっていたりして。
オーナーさんのセンスのよさが光ってます072.gif
c0215224_2344110.jpg

今度はデザート食べてみたいなぁ。

『CAFE+MORE オウチ』
沖縄県宜野湾市嘉数4-1-23 A-16
TEL098-894-3594
定休日:水曜日、木曜日

お料理★★★★★
価格★★★(ランチ1100円~1300円)
雰囲気★★★★
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-25 23:07 | 中部:レストラン&カフェ | Comments(0)


にほんブログ村

ケーキ風バナナチョコパン

バナナとチョコの全粒粉酵母パンです。
セルクルに入れて、ちょっとケーキ風に焼いてみました。

この日は気温が低くて、生地がなかなか発酵しなかったため、
10時間近く常温に置いてしまったところ
生地に酸味が出てしまった007.gif
キッズは正直なので売れ残り、
私がジャムつけて食べました・・・
かわいくできたと思ったのになぁ054.gif
c0215224_2128404.jpg

[PR]

by petit-chambre | 2010-02-24 21:28 | 自家製酵母パン | Comments(2)


にほんブログ村

那覇cafeめぐり

気になっていたかわいい一軒家のケーキ屋さん『Piednue (ピエニュー) 』
c0215224_2130235.jpg

店内はとても明るくて、雑誌を読みながらまったりできる素敵なお店でした。
子供の絵本やおもちゃなども置いてあるキッズスペースがあるので、
子連れでも気兼ねなくゆっくりできるのもよかったです♪
(2階にはお誕生会もできる個室があるそうです!!)
c0215224_2131819.jpg

ケーキ+250円でドリンクバーがつけられるのですが、
コーヒーはかなり期待はずれな感じで残念だったなぁ…
フードメニューはサンドイッチのようなものが数種類あったかな?

今回いただいたのは
◆かわいい形のシュークリーム
◆ティラミス(1個全部は食べきれない濃さでした)
◆和三盆のロールケーキ
◆マスカルポーネのロールケーキ(いまひとつ・・・)
c0215224_21322787.jpg

c0215224_224920.jpg

『Piednue (ピエニュー) 』
沖縄県那覇市真嘉比3-5-9
TEL:098-871-4425

お料理★★★
価格★★★★
雰囲気★★★★★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう一軒、那覇空港からの帰り道に寄った小禄ジャスコ近くのカフェ『Santa Fe』
大きな窓があり店内はとても明るく、席も広々していました。
キッズ用の椅子とベビーベッドの両方が用意されている子連れに優しいお店です♪
c0215224_220094.jpg

c0215224_2202515.jpg

お料理の写真が撮れませんでしたが、価格的も雰囲気も「都会のカフェ」といった感じ。
ランチメニューはパスタ、お肉料理、お魚料理があり1000円~1300円くらい。
サラダバー、ドリンクバー、そしてスープとデザートがつきます。
キッズメニューは650円だったかな?ハンバーグも自家製っぽかった♪

『Cafe Terrace Santa Fe (サンタフェ)』
沖縄県那覇市金城3-4-1
TEL:098-858-9997
お料理★★★
価格★★★
雰囲気★★★
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-23 21:53 | 南部:レストラン&カフェ | Comments(2)


にほんブログ村

持ち寄りランチ会

2年ぶりくらいに風邪でダウンし、久々寝込みました。
こういう時だけは9時~5時で帰ってくるダンナだったら・・・と思う私です(笑)

ということで、先週の出来事。
幼稚園のお友達のお宅で、持ち寄りランチ会をしようということで
リュスティックを焼き、豚肉とお豆のトマト煮と一緒に持参しました。
c0215224_11125145.jpg

お友達はヘルシーカルボナーラ(コーンクリーム缶で作るらしい)と
温泉卵とカリカリベーコンのサラダ、そしてゴーヤとさきいかのお漬物で
おもてなししてくれました。
子供たちも仲良く遊んでます。
c0215224_1122228.jpg

退院前後、お友達とゆっくりお話する機会がなかったので、
久しぶりにノンビリ楽しくおしゃべりしていたら、あっという間にお迎えの時間。
すると仲良しママの2人がこっそり準備しくれていた『Duo』のケーキを出してきてくれ、
なんと私の退院を祝ってくれたのです~!!感激012.gif
c0215224_112007.jpg

沖縄に来て5ヶ月。
知り合いもいなく不安だった最初の頃には考えられなかった
嬉しい出来事でほんと泣けました・・・
Sさん&Aさん、本当にありがとう~053.gif
どうぞこれからもよろしくね!!

ケーキの店『DUO』
南風原町津嘉山1597-3
℡ 098-888-3678
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-22 11:26 | 自家製酵母パン | Comments(0)


にほんブログ村

世界遺産の庭園「識名園」

首里城をご紹介したついでに、去年訪れた「識名園」(首里城から約2km)をご紹介します。

2000年、沖縄で世界遺産に登録された、5つのグスクと4つの建造物。
その中の一つに琉球王最大の別邸「識名園」があります。
ここは琉球の国王が、中国皇帝からの使者をもてなす
迎賓館として利用されていたそうです。
この別邸を建てる際、海が見えない土地が選ばれたのは
琉球は「島国であれど海が見えないほど大きい」ということを、
他国に知らしめるためだったと言われています。

ここには、池のまわりの景色を回遊しながら楽しめるように作られている庭園があります。
池には橋があり、池の中に浮かぶ六角形のあずまや「六角堂」へ渡ることができます。
c0215224_13121551.jpg

御殿(ウドゥン)の廊下からはきれいな庭園を眺められ、ゆっくりすることができました!
c0215224_13124239.jpg

ただ、庭園は広いうえベビーカー持ち込み不可なので、
赤ちゃんや小さいお子さん連れの方には不向きかも・・・。
私は暑い中子供を抱っこしてまわり、腰が抜けそうでした042.gif

『識名園管理事務所』
沖縄県那覇市 真地 421-7
TEL:098-855-5936
料金 大人300円/小人(中学生以下)100円
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-19 13:26 | 観光地&遊び場 | Comments(0)


にほんブログ村

国営「首里城公園」散策

世界遺産にも登録された「首里城」
そのほとんどは沖縄戦で消失し、今ある建物は全て復元されたものなのだとか。
大学生の頃、初めて首里城を訪れたとき、
ちょうど正殿が復元工事の真っ最中だったことを思い出しました。

沖縄に引っ越してきてから、首里城には一度行きたいと思いながらも、
小さい子どもを連れては行けないだろうとためらっておりました。
両親に聞くと、「正殿までの道はきちんと舗装されているから大丈夫!ということで、
2月の某日両親とともに公園散策に出かけてみました。
確かに、駐車場を出てから一番奥の正殿までの道はどこもバリアフリーで、
ベビーカーでも楽々散策することができました。

2000円札にも描かれている「守礼門」をくぐって、入っていきます。
c0215224_13533388.jpg

きれいな庭園を見ながら、散策できます。
子供は園内の各所に設けられたスタンプラリーを楽しんでいました。
c0215224_1414270.jpg

c0215224_1411467.jpg

出口を下ると、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所
「園比屋武御獄石門(そのひゃんうたきいしもん)」があります。
沖縄戦で一部破壊されたそうですが、元の姿が残されている貴重な遺跡のため
2000年に世界遺産に登録されたそうです。
c0215224_14195836.jpg


首里城公園内は入場無料なので自由に散策可能ですが、
正殿・奉神門・南殿・番所・書院・鎖之間・北殿へは入場料金が必要です。

『首里城公園管理センター』
沖縄県那覇市首里金城町1-2
TEL: 098-886-2020
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-18 14:21 | 観光地&遊び場 | Comments(2)


にほんブログ村

自家製酵母のチョコスティックパン

今日は自家製酵母を使ってチョコスティックパンを焼いてみました。
細くのばしてねじって発酵→そしてまたねじって焼く。
長細いパンって食べやすいし、かわいいね♪
c0215224_1326711.jpg

ただいまバナナ酵母、培養中です。
あと3日くらいしたら、バナナ酵母パンが焼けるかな~。楽しみです!!
[PR]

by petit-chambre | 2010-02-18 13:29 | 自家製酵母パン | Comments(0)


にほんブログ村